マンション運営のリスク回避策、家賃滞納保証サービス

投資用マンションを購入し、運用する前にはしっかりとあらゆるリスクに備えておくことです。リスク回避策をしっかりと練っておくことがマンション運用の成功のカギとなります。
マンション運用を行う上でのリスクはいくつかありますが、その中の一つとして入居者の滞納があります。入居者が集まっても家賃を滞納されてしまっては元も子もありません。家賃収入が投資用マンション購入費のローン返済金に充てることと思いますが、家賃の滞納が元でローンが支払えなくなる可能性もあります。

そういった心配を防ぐために、最近はマンション経営を行う際に保証会社や不動産会社が保証を付けてくれるようになりました。契約時には連帯保証人を必須にしたり、連帯保証人が見つけられない方に対しては保証人代行サービスをつけてくれるなど、投資家のリスクを極限まで抑えることができます。
また、家賃を滞納している入居者に対して督促業務や集金業務を代行するサービスもあります。

投資用マンションの運営は経営です。事業を行う上でサービスを提供したら、その対価を得なくてはなりません。その対価が得られないのであれば事業は継続できませんから、長期で安心して経営をするためにはそういったリスク回避策は検討しておいた方が良いでしょう。

(ご参考)あなたの投資スタイルは?ヘッジファンドダイレクトのコンセプトムービー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>